商品カテゴリ一覧 > 介護ベッドの選び方・介護ベッドの種類と機能



機能


介護用ベッドは主に「背上げ」「高さ調整」「膝上げ」の機能があります。
介護ベッドをご利用になる方のお身体の状態や介護者の負担の軽減を考えて、どの機能が必要か判断します。


 

電動で背中を起こし、起き上がり動作を助けます。
視野が広がり、生活意識が高まります。
介護される方が体を起こすときに腕力に頼る必要がなくなり負担が軽減します。

立ち上がりのしやすい高さに調節し、立ち上がり動作を楽にします。
就寝時に高さを一番低くすることで、高さの不安が軽減されます。
介護される方の身長に合わせることで、介護しやすくなり腰への負担が軽減されます。

背上げするときに身体がずれるのを抑えます。※背上げと膝上げを交互に行うことで、腹部の圧迫や身体のずれを軽減することができます。背上げした時のずれをご自分で直せない方は、膝上げ機能がついているタイプ(3モーター)をおすすめします。
足のむくみを、解消します。

背上げする時のずり落ちを抑えて、床ずれリスクの高い仙骨部からお尻と太ももに体圧を再分配します。
安定した姿勢で起き上がれ、ベッドの外に足をふり降ろしやすくなります。



大きさ


電動で背中や膝を上げるため、身長に合わせて、ベッドの床部分が曲がるように、
レギュラーサイズ、ミニサイズとベッドの長さが数種類あります。
また、ベッドの横幅もご利用者の状態によって、数種類から選べます。




フレーム


お部屋の雰囲気に合う家具調のフレーム、清拭消毒しやすいお手入れしやすいフレームなど、好みで選べます。




マットレスなどのオプション品


使用するには、ベッド本体だけではなく、マットレスやそれに合わせたオプション品が必要になります。

寝心地だけでなく「動きやすさ」や「体圧分散性」も考慮して選ぶことが重要です。

ベッドからの転落予防や、寝具の落下予防に。抜きさしがしやすいのであると便利です。


ベッドからの立ち上がり動作をしっかりと支援します。

サイズが特殊なので、ベッドに合わせて購入しておくと安心です。




介護用ベッドの種類




介護用ベッドのサイズの選び方